中学受験をうける子が増えています。

こんにちは。
大学受験のピークはそろそろ終わりでしょうか。
結果に笑った人も泣いた人も、来月からは新しい年度がスタートしますね。
是非、新たな気持ちで大きく次のステージへ踏み出してもらいたいと思います。
今日はランキング紹介をお休みして、ちょっとだけ雑談を。
しかし”受験生”というと、一昔前なら、高校受験や大学受験のイメージが強かったように思いますが、最近は中学受験を受ける生徒が増えているそうですね。つまり、偏差値を気にして受験勉強に取り組む小学6年生の小さな子供たちが、今は大勢いるということ。
時代もどんどん変わってきていますね。
中学受験を受けることのメリットとはなんでしょうか。
理由はいくつも挙げられますが、その中でもやはり一番大きな理由は、『大学合格実績が高い』ということらしいですよ。
例えばですが、東大の合格した人のなかの半数は、私立の学校から入っている生徒さんなんだそうです。
つまり、私立出身の人ばかりが有名大に進学するのは、それだけ大学受験対策が行き届いている、という表れでもあります。
周囲の生徒がみんな難関校を目標に頑張っているので、その環境に慣れるというのも大きなメリットと言えますね。
中学受験に役立つ理科の参考書を使って勉強すれば中学受験の勉強そのものが、よい効果をもたらすことも考えられます。
細かいことを考えたり、覚えたりするという頭の使い方をするのは、幼い時期の脳にはたいへん良い刺激になるのです。
『小学生のうちから偏差値を意識させるなんて可哀想』なんて思わない方が良いのかもしれません。
中学受験を頑張ることで能力を発揮した子は、大学受験でもきっと成功するのではないでしょうか。